© 2017 by STUDIO MONOPOSTO

Playing the Piano #03

October 27, 2017

Playing the Piano シリーズ第3弾!

今回は1st.アルバム『flower drips』に収録して以降、

録音も、公の場での演奏もしてこなかった「rain train」をお届けします。

 

 

この曲、雨の中を黙々と走り続ける列車のイメージです。

途中、束の間の晴れ間が覗いたり。

ここだけの話、「rain train」と言っておきながら、自分の中では雪の中をひた走る

シベリア鉄道的な映像が根底にあります(笑)

 

ピアノはウィーンの名器、ベーゼンドルファーの最新モデル 280VC。

まだ日本にはこの1台だけだそうです!(2017年10月現在)

今回はB-tech Japanさんで試弾させて頂いた際に撮らせていただきました。

伝統ある旧来のモデルとは設計が違い、

だいぶ弾きやすく安定したピアノになってますね。

他社のピアノに慣れた人でも違和感なく弾けると思います。

個人的には重厚かつ華やか、そしてじゃじゃ馬的な旧来のキャラが好きなんですが、

その個性ゆえ弾きこなすのが難しい楽器なのも確かなんですよね。

なので、たとえホールに導入されていても、いざコンサートとなると

スタインウェイやヤマハなんかが選ばれてしまうのが現実。

それに負けまいという同社の意気込みと苦悩が見え隠れする

このVC(Vienna Concert)という新しいシリーズ。

今後の発展に期待したいですね!

 

この動画の最後には、オマケで290インペリアルという、

ベーゼンドルファーのアイコンとも言うべきフラッグシップピアノで

同じ曲の冒頭を弾いています。

新旧ベーゼンドルファーの音色を聴き比べてみてください♪

 

演奏自体は、いいところでちょっとミスってますが、

あえて撮り直さずに一発録音のままにしてます。

演奏は一期一会。

決して撮り直す時間がなかったワケではありません(笑)

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

コンサート出演情報

October 14, 2019

1/10
Please reload

最新記事

January 5, 2019